本文へ移動

エコキャップ運動

1日4000人

看板を設置しました♪

道路側から見た看板
空港道路側から見える壁に設置しました
建物外壁部分の看板
破砕施設のある建物の外壁に設置しました

JCV様と取引を開始しました

平成27年4月27日付で 世界の子どもにワクチンを日本委員会 様と書面契約を締結しました。
翌28日に1回目のエコキャップ売却費の寄付をいたしましたのでお知らせします。

今後は寄付金を受領書及びHPにて記載することにいたしました。

これからもエコキャップ推進運動を続けてまいりますので、よろしくお願いします。

工場視察へきていただきました

11/2(月)、JAさつま知覧支所女性部の方々が、エコキャップの工場視察に来られました。
当社が回収事業を始めた経緯やペットボトルキャップがワクチンにかわるまでの流れなどを説明しました。

キャップ430個で10円となるため、860個で約20円(0.5kg)六代感染症のひとつ、ポリオワクチン代に変わります。
世界では1日4000人の命が失われているそうです。たった500gで一人の小さな命が救えるのです。
私たちも社長の説明を聞きながら、改めてこの活動を多くの人に知っていただきたいなと思いました。
この後、いちき串木野市のまぐろの館で昼食、ふるさと物産館などを廻られ、帰られるそうです。
JAさつま知覧支所女性部の皆さま、遠いところ足を運んでいただきありがとうございました


うちでは工場とは名ばかりの小さな建物で回収・粉砕まで少人数で行っています。
どのようにワクチンの変わるのか、どうやって粉砕しているのかお聞きになりたい、見てみたいと
思われる方、いつでもご連絡ださい。できる限り対応させていただきます。

提供者さまより

大川中学校生徒会さまより
阿久根市立大川中学校の生徒会さまからお手紙をいただきました。
大川中学校さまは平成25年にユネスコスクールに認定された学校なのだそうです(゚д゚)!すごいですね☆
今回提供していただいた336.42kg(これだけ集めるのはとても大変なことです)は地域の方々とのつながりを大切にしている学校だからこそできることではないでしょうか。
こちらの『ペットボトルアート』
鹿児島県出水郡長島町にある、ながしま造形美術展に出展された作品だそうです。
〈ボンにゃー〉可愛いですね(〃´∪`〃)
エコキャップの仕分け作業の風景です
こちらで計量を行い、≪336.42kg≫もありました。

☆提供者さまへお願い☆

このようにキャップ以外の物が入っていると、粉砕機の刃が破損してしまいます。キャップ以外の物は絶対に入れないようにして下さい!!
取り除くのも大変!!
☆問い合わせの多いQ&A☆
Q1.配送はどのようにしたらいいですか。
A1.当社では、直接持込みか宅配便等で送付する2通りあります。
Q2.持込みの時間帯はいつでもいいですか。
A2.平日の7:30〜17:00までに持込みしていただければ大丈夫です。その他時間外、土曜、祝日に持込みしたい場合は、直接お問い合わせください。(0996-25-1624)
Q3.送付するにはどうのようにしたらいいですか。
A3.ゴミ袋などにまとめて、段ボールで梱包をして送ってください。(※小分けにはせず小さな袋等に入ったキャップは袋から出して、1つの袋にまとめて送るようにしてください。)

【重要なお知らせ】

4月9日のエコキャップ報道をうけ、これからのボランティア活動を継続していく方向で協議を進めた結果、【世界のこどもへワクチンを(JCV)】さんに直接寄付することと決定いたしました。
エコキャップ推進協会から世界のこどもへワクチンを(JCV)様へ寄付先の変更により、今まで推進協会から送られていた受領書は送られてこなくなりますが、当社から受領書を発行いたします。
ワクチンの価格はそれぞれ違う為、今までのようにワクチン〇人分になりましたという表記ができなくなります。
ご了承下さい。

☆主旨☆

 現在ペットボトルは、年間約250億本が生産され、回収率は62%、再資源化率は37%で完全再資源化には、ほど遠い状況となっています。

 再資源化を促進するためには、ペットボトルからキャップを外し、ラベルをはがすことが重要です。ペットボトルからキャップを外しても、一般のゴミに混ぜてしまいますと、焼却処分されCo2の発生源になったり、あるいは埋め立て処分されると土壌汚染を引き起こす事となり、リサイクル資源にはなりません。キャップを分別回収するだけで、環境保護と再資源化の促進が出来るとしたら大変すばらしい事ではないでしょうか。

 一方、世界の発展途上国には、まだ栄養失調や下痢、又は予防できる感染症で命を落としたり、後遺症に苦しんだりしている子どもたちがたくさんいます。

 ワクチンさえあれば命が助かる子どもたちは、世界で一日に約6000人にも達しているそうです。その子どもたちを救済することが、世界の友人として私たちの役割ではないでしょうか。

 私たち一人一人が共生の立場でワクチンを届けることが出来れば、それは国境を越えた未来へのすばらしい贈り物になります。


 南九州では弊社が最初の回収事業所となっており、全国で約140の事業所が取組をしております。現在弊社には約570の企業、団体、保育園、幼稚園、学校、個人の方々からキャップを提供して頂いております。皆様のご好意を大切に、責任を持って活動を続けて行きたいと考えております。 

☆提供者さまより☆

カナリア・一二三・すみれ会 子供会のみなさん
平成26年3月20日、仁心看護専門学校の学生さん達から8箱届きました。
カナリア・一二三・すみれ 子供会のみなさまより
2013.11.20
 鹿児島市の中名小学校中集落子供会 カナリア・一二三・すみれ子供会の皆様より、39.8kg(約17,100個)のエコキャップとお手紙、そして写真を提供してくださいました。
 今年の4月から子供さんでもできるエコ活動としてエコキャップ運動に取組んでいるとのことでした。
 
2013.11.15 
霧島市の中高生を中心としたボランティア団体「the United Next Generation」さまから、エコキャップと、発足式の記念写真をいただきました。有難うございます。
 スマイルプロジェクト2013とうイベントの一環で霧島市内の方々からペットボトルのキャップを集めてくださり今回提供していただきました。
平島小学校さまより2回目のお手紙をいただきました。いつもありがとうございます。
☆集めたキャップの前で☆
薩摩川内市立南中学校 ボランティア部さまより6/27、8800個ご提供いただきました。有難うございます。
★鹿児島市の喜入中学校1年2組の皆様より★
文化祭でペットボトルアートに
取組まれた作品の写真をいただきました。
どの作品も力作ですね(^v^)
2011.10.20
平島小中学校諏訪之瀬島分校児童生徒会の皆様からお手紙が届きました。
十島村の宝島の子ども会から、こんなにかわいらしいメッセージをもらいました!!
田尻小の子どもたちもイラスト入りでメッセージをくれました!!
鹿児島市の八反丸病院様の広報誌に掲載いただきました。
ありがとうございます。
長島町立田尻小学校の生徒様からお手紙をいただきました。
ありがとうございます。
霧島市の中高生を中心としたボランティア団体「The United Next Generation」の皆様から写真をいただきました。
ありがとうございます。
面縄中学校生徒会様より
エコキャップをいただきました。
ありがとうございました。
出水商業高等学校の生徒会様より
エコキャップをご提供いただきました。
ありがとうございました。

☆お問い合わせの多いQ&A☆

Q1.配送はどのようにしたらいいですか。
A1.当社では、直接持込みか宅配便で送付する2通りあります。
   当社もボランティアです。申し訳ございませんが、送料は送り主様で
   ご負担お願いします。時々、着払いで届く場合があります。
   受取することができませんので、着払いの場合は返却させていただきます。

Q2.持込みの時間帯はいつでもいいですか。
A2.平日の7:30〜17:00までに持込みしていただければ大丈夫です。その他時間外、
   土曜、祝日に持込みしたい場合は、直接お問い合わせください。(0996-25-1624

Q3.送付するにはどのようにしたらいいですか。
A3.ゴミ袋などのポリ袋にまとめて、段ボールで梱包して送ってください。
   (※小分けにはせず小さな袋等に入ったキャップは袋から出して、
   1つの袋にまとめて送るようにしてください。)

Q4.個数は数えてから送るのですか。また、数の制限はありますか。
A4.数える必要は特にありません。こちらで計量いたします。1kg=430個(H24.9以降)で
   計算しております。数の制限もありません。

Q5.キャップについているシールは剥がさないとだめですか。
A5.当社では破砕まで自社でしておりますので、キャンペーンシール、値札等は剥がさなくても
   特に問題ありません。
   しかし、キャップの内側についている紙(お酒のキャップによくついてます)は
   取り除いてください。
   簡単に洗浄して頂ければ助かります。異臭が発生する場合もあります。
   また、洗浄後は少し乾燥させてください。水分が多いと段ボールが破れたり、
   破砕機が故障したりしますので、ご協力お願いします。

Q6.キャップはどんなものでもいいですか。
A6.ペットボトルを対象にしておりますが、それ以外でも、(PP=ポリプロピレン)
   と表示されている蓋(ケチャップ、しょうゆの蓋など)でしたらかまいません。
   ですが、ペットボトルのキャップよりも大きいものは破砕機にかけられないので
   ご遠慮ください。
   (ワンカップ、コーヒーの蓋等サイズが明らかに大きいものは除外してください。)

Q7. 受領書はいただけますか。
A7. 以前まではエコキャップ推進協会から受領書を発行していましたが、平成27年4月から
   当社から受領書を発行することとなりました。

Q8. 何人分のワクチンになったか教えて下さい。
   
今まではポリオワクチン(860個で1人分)でしたが、世界のこどもへワクチンを日本委員会
  (JCV)様へ寄付先を変更したため、どのワクチンになるかこちらではお答えできません。
   ワクチンも様々な種類があります。
   六大感染症のワクチンの価格は下記のとおりです。
   ポリオ(小児マヒ)・・・・・・・・・・・・・・・・・約20円
   MMR(はしか・おたふくかぜ・三日ばしか) ・・・約114円
   BCG(結核)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約7円
   はしか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約95円
   DPT(ジフテリア・百日咳・破傷風)・・・・・・・・・約9円
   



 

☆破砕機☆

破砕機を新しくしました!
今までの倍以上破砕ができるようになりました。また、破砕の大きさも前機械の半分以下で砕けます。
現在、当社に570以上の団体、企業、個人の方々から提供していただいており、破砕作業がおいつかないこともありました。これもエコキャップ運動が多くの方に浸透していると実感しております。
前破砕機

株式会社誠建設
鹿児島県薩摩川内市永利町
1883番地
TEL.0996-25-1624
FAX.0996-25-1619


【一 般】
建築工事業
大工工事業
解体工事業


【特 定】
土木工事業
とび・土工工事業
石工事業
舗装工事業
塗装工事業
水道施設工事業
鋼構造物工事業

しゅんせつ工事業

 


誠建設では、ペットボトルのキャップを集めて世界中の子どもたちににワクチンを届けるECOCAP運動へ参加しております!!
世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)HP



 

0
0
2
5
5
3
TOPへ戻る